--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-12-19(Fri)

「かんなぎ」のおはなし

神様にもいろいろあるんだねー。
とゆーわけで「かんなぎ」のおはなしです。

かんなぎ 1 (完全生産限定版) [DVD]かんなぎ 1 (完全生産限定版)
(2008/11/26)
戸松遥下野紘

詳細を見る
武梨えり原作のコミックのアニメ化。神様のおはなしだから神聖な感じなのかな?って思ったらハイテンションでドタバタでした。こんな神様もアリですかー?


kannagi01.jpg

オープニングのノリを見て最初「涼宮ハルヒの憂鬱」と同じスタッフなのかな?って思っちゃったけどどーなんだろ?

さてさて、まずはストーリーです。
えっと・・・。

kannagi02.jpg

御神木切り倒してこんなの作ったら・・・。

kannagi03.jpg

こんなんできましたー。
・・・みたいなおはなし。

主人公・仁くんが地区展に出品する木彫りの人形を作ったら、神様が宿ってて出てきちゃいました。びっくりする仁くんだけど、放っておくわけにもいかなくて神様・ナギさんと一緒に住むことに・・・。仁くんの幼馴染のつぐみちゃんやナギさんの妹を名乗るざんげちゃん、そして仁くんの所属する美術部の仲間を巻き込んでドタバタな日常が始まります。


エンディングとかホントに神聖な感じの音楽なんだけど、それがとっても違和感を感じちゃうほど、ストーリーはドタバタです。
でもそれがとっても楽しくて、こんな神様もアリなんだーって思いました。

kannagi12.jpg

ケリをかます神様。

kannagi11.jpg

冷蔵庫の中身はお菓子ばっかり。

ナギさん「この頃、口内炎がいっぱいできて痛いですわ~」
仁くん「どんな神様だ・・・」


他にもご飯においしんぼう(うまい棒みたいなお菓子)をかけて食べたり、お味噌汁に牛乳入れて食べたり・・・。
も~はちゃめちゃな神様です。

kannagi06.jpg

ナギさんには妹もいるみたいなんだけど、このコもちょっと変な子。

kannagi07.jpg

元々一つの御神木を二つに分けたことで姉妹みたいなんだけど、この二人を見てると、この御神木ってご利益あったのかな?って思っちゃいます。

kannagi10.jpg

そんな変な神様と仁くんの愉快な仲間たちが加わってとっても楽しい日常が繰り広げられちゃいます。

今回のピックアップキャラクターその1大鉄くん。

kannagi09.jpg

仁くんの美術部仲間でナギさんを只者ではないと警戒する大男。体格の割に優しかったり気が小さかったり・・・。表情とか仕草とか見てると大きいのになんか可愛いんです。がんばれー大鉄くん!

ピックアップキャラクターその2つぐみちゃん。

kannagi08.jpg

仁くんの幼馴染で仁くんのことが好きみたい。ナギさん達に負けずに頑張って!って応援したくなっちゃいます。
たまに他のアニメとかでも主人公のことを好きな女の子がいるのに後から登場した不思議な女の子にポジションを奪われちゃうってゆー子いるよね?そーゆー時は絶対に最初から主人公の事を好きだった子を応援したくなっちゃいます!
だから頑張って、つぐみちゃん!ナギさんなんかに負けちゃダメだよ!

あ・・・別にナギさんが嫌いなわけじゃないですよ?
こんだけ面白くて愛らしい神様は「ぱにぽに」の猫神さま(自動販売機の中で「かみさまですニャ」って言ってるやつ)以来ですー。
でも仁くんは取らないであげてー!!

2008-12-18(Thu)

「とらドラ!」のおはなし

初めて見たときの印象は・・・
なんか「ゼロの使い魔」の現代版みたい!
中の人の影響もあるんだろうけど、やっぱり犬呼ばわりが原因かな?

とらドラ! Scene1(初回限定版)とらドラ! Scene1(初回限定版)
(2009/01/21)
釘宮理恵間島淳司

詳細を見る
竹宮ゆゆこさん原作の小説のアニメ化。凶悪そうに見える顔つきの竜児くん(実際は普通)とちっちゃいけど凶暴な大河ちゃんのドタバタラブコメ。男のコも女のコもとっても癖が強いけど、みんな可愛いです。


今回は小説とほぼ並行してアニメを見てます。
小説にかなり忠実で、アニメは重要なところをわかりやすくまとめたダイジェスト版みたいかなー。
あ、小説苦手な人でもアニメだけで充分面白いですよ?
今のトコ、アニメは第9話まで見ましたー。

まずはストーリーから。
目つきの悪さ(誤解)でみんなから恐れられている主人公の竜児くん。そして見た目とは裏腹に凶暴な性格(事実)でみんなから恐れられている大河ちゃん。高校二年になって初対面した二人はあることをキッカケにお互いの恋の相手を知ってしまいます。で、お互いに恋を実らせようと協力・・・みたいな感じなんだけど、竜児くんは一方的に下僕扱いされちゃってるみたい。なんか『犬』とか呼ばれちゃってるし・・・。

ラブコメって大概一筋縄じゃいかないワケなんだけど、「とらドラ!」はキャラクターの個性とか関係から思わぬ方向にも行っちゃいそうな感じでどーなっちゃうんだろーって興味津々です。
今回は個性豊かなキャラクターを紹介しながら進めていこうかな。

まずは主人公の高須竜児くん。

toradora01.jpg

凶悪な眼光を放つ三白眼の持ち主で、ヤンキーと恐れられてるんだけど、ホントは優しくてお掃除がなりより大好きな家庭的な男のコ。ひょんなことから大河ちゃんとつるむようになって今では親公認の共同生活状態。でも関係的には主人(大河ちゃん)の犬??竜児くんは実乃梨ちゃんのことが好きみたい。

もう一人の主人公、大河ちゃん。

toradora02.jpg

初対面の竜児くんを一発OKしたり、秘密を知られた竜児くんを抹殺しようとしたりと凶暴で危険な女のコ。ちっちゃいのに凶暴ってことで学校では『手乗りタイガー』と呼ばれて恐れられちゃってます。

toradora05.jpg

でもホントは超がつくほどドジっ子で、竜児くんには放っておけない存在みたい。北村くんのことが好きなんだけど、いつも一緒にいるのが竜児くんだから周りが誤解しちゃったり・・・でもそれってホントに単なる誤解かなー?

次に実乃梨ちゃん。

toradora03.jpg

竜児くんの思い人。天真爛漫の元気っ子で常にハイテンション!いるだけで楽しくなれるようなそんな存在。竜児くんが好きになる気持ち、わかるなー。でも謎の多そうなコで、そのハイテンションさにもなんか裏がありそう・・・。実乃梨ちゃんを守ってあげられる人が現れるといいなー。

そして大河ちゃんの思い人の北村くん。

toradora04.jpg

とっても真面目で人当たりの良い優等生くん。周りからは「まるおくん」の愛称で親しまれてます。優等生なんだけどどこかズレたところがあって、たぶん天然キャラなんじゃないかな?過去に一度大河ちゃんに告白した経験があるのにその時は大河ちゃん断っちゃってました。あーあ・・・。

最後のメインキャラクター亜美ちゃん。

toradora06.jpg

自動販売機の隙間に挟まるのが好きみたいー。
・・・って特出するのはそこじゃなくて。
モデルさんで綺麗な容姿と可愛い性格が学校で大人気なんだけど、可愛く振舞っているだけでホントは性格の悪い悪女さん。大河ちゃんや竜児くんをからかったりしちゃってます。
北村くんいわく、「本当の亜美をみんなに好きになって貰いたい」
うーん、とっても謎の多い子で、なんとなく亜美ちゃんって二重に皮を被ってるんじゃないかなーなんて思っちゃったりします。性格の悪い亜美ちゃんにも何か理由があるんじゃないかな?亜美ちゃんには幸せになってもらいたいなー。

toradora07.jpg

竜児くん「昼休み以外にジュース買うの校則違反なんだぞ?」
亜美ちゃん「じゃぁ、私たち共犯だねっ!」


小説にはないアニメ版オリジナルの二人の会話。
このやりとり、なんかとっても好きです。

さてさて、この5人のメインキャラクターたちで恋を巡っていろんなドタバタが起こります。

toradora08.jpg

ちょっと不思議な関係の仲良し5人組です。
でももう一人、サブキャラクターでお気に入りがいます。

toradora09.jpg

生徒会長のすみれさん。
容姿端麗成績優秀ながら男勝りな発言で、まさに「漢(オトコ)の中の漢」みたいな女のコ。
生徒会主催の町内清掃大会の演説では・・・。

toradora10.jpg

「街を舐めるんじゃねぇ!そんな根性じゃおめえら船から振り落とされるぞコンニャロー!気合入れた返事をしろぃ!」

・・・と一喝。
アニメ版だとカットされちゃってるけど、小説だとこの後、「うおおおおおおーっ!」と雄たけびを上げる生徒たちに「うるせーーーーーっ!」と更に一喝しちゃいます。
副会長の北村くんも憧れちゃう存在です。
もっとすみれさんにもスポットを当ててくれると面白いかもー。

とにかくホントもー癖のあるキャラクターばかりなんだけど、みんな可愛くて全員の恋を応援したくなっちゃいます。
でも、男女比率で言えば、誰かの恋が実れば誰かが脱落しちゃうわけで・・・あーどーなっちゃうんだろー!
うーん、この際このままでいいや・・・なんて思いつつ次回を楽しみにしちゃってます。
これは1クールなのかな??

2008-11-21(Fri)

「地獄少女 三鼎」のおはなし

「三鼎」って「みつがなえ」って読むんだって。
「鼎」って言葉自体にも「三」を表す意味があるみたい。
これって重要なキーワードなのかな?

地獄少女 三鼎 一地獄少女 三鼎 一
(2008/12/17)
松風雅也能登麻美子

詳細を見る
地獄少女の第三期は今までとちょこっと違って、人間側に主人公がいます。主人公ゆずきちゃんの周りで起こる恨みの連鎖。そして、あいちゃんの宿主にされてしまったゆずきちゃんはこれからどーなっちゃうんだろ?


「地獄少女」って基本的には一話完結だから最終回付近じゃなければ第何期のどこから見ても問題はないと思うんだけど、回を追う毎に内容がきつくなってるかも。なんてゆーのかな?人の心の迷走みたいなものが・・・。暗いお話に慣れてない人は第一期から見た方がいいのかも。

まずはストーリー。
実体を失っちゃったあいちゃん。そのあいちゃんがこの世に存在を繋ぎとめる為に宿主として選んだ少女は市立賽河原第四中学校に通う少女、御景ゆずきちゃんでした。

jigoku09_convert_20081121124640.jpg

私はあなたの中にいる・・・

困惑するゆずきちゃん。一方、ゆずきちゃんの中学校で、誰かが地獄に流されようとしていました。ゆずきちゃんの周りで、何かが起こり始めたのです。

今回はゆずきちゃんってゆー人間側の主人公がいるみたい。

jigoku06_convert_20081121113647.jpg
jigoku02_convert_20081121113522.jpg

そして舞台はとある中学校。なんで地獄少女がゆずきちゃんを選んだのかはまだわからないけど、ゆずきちゃんの周りでいろんな人達が地獄通信にアクセスするようになっちゃって・・・。

jigoku07_convert_20081121113701.jpg

ゆずきちゃんは地獄少女に憑依されちゃった事がわかってるんだけど、誰にも言えないみたい。
そして、ゆずきちゃんは地獄少女を通じて、強い恨みを持つ人達の映像が見えてしまいます。

「どうして?見せるの?・・・どうして?地獄少女・・・」

この状況、第一期の時のつぐみちゃんにちょこっと似てるかな。

jigoku10_convert_20081121132946.jpg

つぐみちゃんが見えてたのにも意味があったから、たぶんゆずきちゃんにも意味があるんだと思う。
どんな意味があるのかわからないけど、この学校が関係してるのかも・・・。
ただ一つ言える事は・・・

jigoku04_convert_20081121113607.jpg

これって痛そう・・・(笑)

えと、三鼎からの変更点ですー。まずは、新キャラクター。

jigoku03_convert_20081121113544.jpg

新しく地獄少女の仲間に加わった山童くん。なんか葉っぱを使ってるから狸とか狐みたいな感じなのかな?きくりちゃんのお守り役が多いみたい。
そして、そのきくりちゃんはなんと、ぜんまい式になりましたー!

jigoku01_convert_20081121113457.jpg

巻きますか?巻きませんか?・・・みたいなー。

そして変更点とゆーか、私の感想なんだけど、一つ一つのストーリーが深くなりました。
初期の頃って、流す人と流される人の善悪みたいなものがはっきりと分かれてる事が多かったんだけど、今回は善悪の境界がかなり曖昧かな?
意外な結末が、登場人物だけじゃなくって見ている私たちにも心の迷走を与えてくるって感じ。

jigoku05_convert_20081121113628.jpg

地獄少女側があくまでも傍観者なのは変わらなくって、契約が結ばれちゃえばそこには善悪なんか関係ないみたい。
いつも見るたびにとっても考えちゃう。
「誰が悪いのか?」とか「他に方法はなかったのか?」とか・・・。
糸が引かれれば、例えどんな状況でもバッドエンドは確実なんだよね・・・。

唯一の救いはおしおきシーンかな?

jigoku08_convert_20081121113716.jpg

不謹慎だけどなんか楽しみになっちゃう愉快なおしおき。
これってあいちゃんの趣味なのかな・・・?
とにかくみんなノリノリです。

「地獄少女 三鼎」は私の中で今期一番の注目作。
心がけっこう揺さぶられるんだけどね・・・こーゆー考えさせられるおはなしって私、好きみたい。
さて、これからゆずきちゃんはどうなっちゃうんだろー?
そして・・・またつぐみちゃんちょこっとだけでいいから出てこないかなー。

2008-10-17(Fri)

「ゼロの使い魔 三美姫の輪舞」最終回のおはなし

えと…、ストーリーは全然終わってないけどとりあえずは最終回みたい。
タバサちゃんを助け出した才人くん達なんだけど、一人浮かない顔のルイズちゃん。

zero01_convert_20081015160750.jpg

魔法が使えなくなっちゃったんだって。
そんな中、助けられたタバサちゃんは才人くんにフラグが立っちゃったみたいでややこしくなりそうな予感。
最終回の決戦はシェフィールドさんのゴーレム。
また才人くんの世界の武器が登場!
今度はなんて言うんだろ?手持ちじゃなくて設置型のミサイル?
・・・まーいーや。
敵のゴーレムは攻撃を弾く魔法が使えるみたい。それに対抗するには虚無魔法のディスペルが有効。そう、エドワード戦以来お久しぶりの打ち消し魔法ですー。・・・でもルイズちゃん、まだ魔法が使えないままみたい。
そんな中、タバサちゃんが動きます。

zero02_convert_20081015160805.jpg

・・・って何してんのー!?
えと・・・まー、ルイズちゃんを奮い立たせる為だってのは判ってるんだけど、個人的な感情も入っちゃってるよね?

zero03_convert_20081015160819.jpg

でもそのおかげでディスペル発動ー。
ゴーレム粉砕、良くできましたー。
爆発直前、ルイズちゃん達を巻き込まない様に数歩後ろにさがってくれる律義なゴーレムにちょこっとだけ笑っちゃいましたー。

zero04_convert_20081015160836.jpg
ルイズちゃん達を気遣い後ろにさがってくれるゴーレム君の図。

でもまー当然なんだよね。シェフィールドさんの目的は虚無を殺す事じゃなくて利用する事だから・・・。
最終回で敵に試されちゃいましたねー。
とゆーわけで第四期完全確定!

さて、今回のエンディングなんだけど・・・。
「貴女にガリア侵入の罰を与えます」と言ってアンリエッタさんがくだした決断はとても過酷なものでした。

zero06_convert_20081015160908.jpg

「これで貴女は私の姉妹・・・第二の王位継承者です」

・・・ちょっとアンリエッタさん何言っちゃってるのー!?
王家のマントに第二継承者って・・・。
だって、王族として国の上に立つ事の辛さや苦しさは他ならぬアンリエッタさんが一番良く判ってるはずじゃないですか!
だからこその罰なのかも知れないけど、最愛の友人にそこまで過酷な罰を与えられるなんて・・・。
でも、たぶんこれはまだ未熟なアンリエッタさんの甘えなんだと思います。
決して、ルイズちゃんに自分と同じ苦しみを味あわせてやろうという黒い心ではなくって・・・・・・。

アンリエッタさんもずっと悩んでたんだと思います。
王位を継がされ全責任を背負わされたアンリエッタさん。
したくもない戦争のトップに立たされて、唯一の心のよりどころだったエドワード王子にも先立たれて自暴自棄になった事もあった・・・。
今の彼女にとって一番欲しいものは「心の支え」だったんだと思います。
そんな中で起きた最愛の友人の反逆。
罪には罰を与えなければならない。これも王位を継いだ者の勤め。
この苦しい葛藤の中でアンリエッタさん自身を救える苦汁の決断がこの第二王位継承権だったんだと思います。
建前は「虚無」ですが、たぶんこれは彼女のエゴです・・・。
今後この決断がさらに彼女を苦しめる事にもなるかもしれません。
この決断自身も世間から見れば彼女の評価を下げる行為。
・・・彼女にとって唯一の救いは、仲間達みんなが笑ってくれた事なのかもしれません。
ちょっと心が痛かったです。
みんなが大喜びした後、アンリエッタさんのカットが入らなかったのが私にとっての唯一の救いでした・・・。

大団円みたいな終わり方にみせてはいるんだけど、私にはそうとらえる事はできませんでした。
ここからがアンリエッタさんの本当の意味での戦いなんじゃないかな・・・?
もちろんそれは才人くん達みんなにとっても・・・。

2008-10-15(Wed)

「二十面相の娘」最終回のおはなし

どちらかとゆーと大きな事件は前回で終わっちゃってて、最終回は後日談みたいなおはなし。

まずは教授さんの起こした事件の結末についてー。

nijyu008_convert_20081015142509.jpg

電波塔が断線して機能が停止してしまい、教授さん達は手動に切り替える為にその電波塔に向かいます。
そして教授さんを止める為に追いかけるチコちゃん達。(第20話)
・・・なんだけど、教授さんが機能停止した電波塔に向かってる事が判ってるんだから、残りの生きてる電波塔を叩きに行った方が安全確実なんじゃない?って思っちゃった私はいけないコです。フェアに行きましょう。



おーっ!
絶体絶命のピンチを切り抜けたのはあのルビーでしたー。
TV版のオリジナル要素は奥が深いですよー。
繋がりを見せてくれるこーゆー流れって大好き。

nijyu005_convert_20081015140300.jpg

最後も教授はいい人で幕を下ろしました。
絶対に手首を外してくれるって信じてました!
・・・って、この一文だけ見ると変な文章だなー(笑)

なんか全体を通して見るととってもTVオリジナル要素が強いんだけど、それでも原作に忠実で凄く連携の取れたストーリーだったと思います。

nijyu003_convert_20081015140230.jpg

「私が名前を・・・あのね・・・」

結局アニメ版でもおじさんの新しい名前は明かされなかったんだけど、このシーンは大好きなシーン。
チコちゃんはどんな素敵な名前をつけたんだろ?

一つだけ、コミック版にあってアニメになかった私の好きなシーンがあるんです。
それは空根さんが淑恵さん(チコちゃんのおばさん)に毒の件で問い詰めるシーン。
ホントは空根さんんも最後にカッコイイとこ見せてるんですよ?
「ややや!」って言ってるだけじゃないんですよ!
そのシーンがなかったのだけちょこっと残念だけど、淑恵さんの事は今更って感じもするからしかたないのかなー。

さてさて、そして最終回。
こっちは完全オリジナルの後日談みたい。
3年後だってー。
なんとVS切り裂きジャック!・・・っていいのかな?

nijyu006_convert_20081015140318.jpg

少女探偵団健在です!
髪形変わったけど相変わらずの小糸さんにもにっこり。
これ、このままスピンオフで第二期やっちゃってもいいんじゃないのかなーなんて。
もう少し人気が出てくれればそれもありなんだろうケド、結構「二十面相の娘」って見てる人少ないみたい。
面白いのになー。

最後に「二十面相の娘」のベストカップルはこちらー。

nijyu002_convert_20081015140213.jpg

ケン兄ちゃんと香山さん。
とってもいいコンビ。
二人で怪盗として仕事を始めるのはアニメ版コミック版共通のエンディング。
後半では私の中で香山さんの支持率大幅アップでしたー。

ちなみに香山さんの私の好きなベストショットはこちらー。

nijyu007_convert_20081015142448.jpg

電波塔に飛行船で乗り込むシーン(第20話)

ケン「突っ込むぜ、つかまっとけ!」
香山「大丈夫なの?」
ケン「安心しな、ついこないだも落ちたばっかりだ!」


この会話後の香山さんの呆れた表情。
なんか可愛いです。

プロフィールとか・・・

コママコ

Author:コママコ
マコがホントの名前なんだけど、友達から「困ったチャン」の称号をもらってから「コママコ」になってしまいました・・・。

「コママコ日和」では「最終回」と書かれたおはなし以外は過度なネタバレとかはしてません。

コメント・トラックバック・相互リンクのお誘い、みんなみんな大歓迎ですー。(古い記事に対するコメント&TBも全然大歓迎ー)
コメントやTBはお返しできるように頑張ります。
拍手とかもらえちゃうと元気いっぱいになります!
よろしくお願いしますー!

ブログランキング参加中
a_02.gif 人気ブログランキング
↑もし、このブログを気に入って頂けましたら投票お願いします。(クリックすると投票完了みたいなのです)
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォームだよ?
「このブログの感想」とか「相互リンクのお誘い」とか「お友達になろ?」とかいろいろとお気軽にメッセージをくれるととっても嬉しいです。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
趣味の合う人、ブロともしよー!

この人とブロともになる

夢忠工房って?
banner2.jpg 私がちょこっと参加させてもらってるTRPGのリプレイを作っているサークルさんです。今、「アリアンロッド・リプレイ・ピルグリム①」が公開中みたい。・・・私もいるかもー?
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
amazonのおすすめ?
こんなのが売れてるのかな?

今週発売らしいよー
なんかいいのあるかなー?
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。