--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-03-31(Mon)

「らき☆すた殺人事件」のおはなし

えと・・・たぶん今回のおはなしはファンにとっては『地雷踏み』なのかもしれません。おすすめとかそーゆーのじゃなくって、ネタとしては面白いかなーって・・・。
あー、なんか弱気になっちゃったかな・・・。

らき☆すた殺人事件 (角川スニーカー文庫 183-3)らき☆すた殺人事件 (角川スニーカー文庫 183-3)
(2007/08/31)
竹井 10日

詳細を見る
えっ?「らき☆すた」で殺人事件!?
ファンの間で賛否両論を起こしたまさかのサスペンスモノです。うーん、たぶん内容とかじゃないんです。私からみれば、そのチャレンジ精神だけで価値があるんじゃないかなって・・・。

「らき☆すた」初の小説はミステリー(?)でした。
でもコレ・・・かなりの「らき☆すた」ファンとミステリーファンを敵に回しちゃったみたい。もーなんか他の人の感想とか読んでると作家さんがかわいそうになってくるくらい・・・。
もちろん私も読んだからこーして感想を書いてるわけなんだけど、私は楽しかったですよ?

えっと、とりあえずストーリー説明です

学校帰りに秋葉原某店に立ち寄ったこなたちゃん達一行。その店のエレベータ内でなんと殺人事件に遭遇。被害者はこななちゃん達の良く知っている人物だった。でもこれはこれから起こる連続殺人の幕開けに過ぎなかった・・・。

読んでビックリしたのは、内容が真面目でシリアスに進んじゃう事。いつもの「らき☆すた」のまったり路線がサスペンス要素に切り替わった感じかな?若干おふざけっぽい台詞が入っちゃったりしてるけど、本格ミステリー感覚のノリです。読んでてぞぞっとするところもあったし・・・。

一応ミステリーだからネタバレになることが書けなくてちょっと感想も書きづらいよー。

たぶんファンの人が批判してる一番の原因がキャラクターに対する不満なんじゃないかな?
「このキャラはこんな性格じゃない!」「このキャラはこんな事言わない!」みないな。
でも、コミック本編じゃ、殺人事件なんて起きてないから実際に事件に遭遇したら「らき☆すた」キャラがどー反応するかなんてわかんないし・・・。これは竹井10日さんが描いたもう一つの「らき☆すた」なんだって割り切っちゃえばいいと思うんだけどなー。

私がこの作品で好きなのは、かがみちゃんの視点で書かれてる事かな。「らき☆すた」だと私はかがみちゃんがお気に入り。
常識的で反応とか表情の変化が一番伝わりやすいコだから殺人事件モノには適任だったのかな?
あー、でも作家さんもかがみちゃんが好きみたいな事あとがきで書いてたなー。
これってやっぱし竹井10日さんの趣味?
あとは、やっぱり「らき☆すた」とサスペンスを合わせるってゆー挑戦自体がホントすごいって思いました。

スポンサーサイト
2008-03-28(Fri)

「あさっての方向。」のおはなし

ゆっくりと時間が流れる・・・そんな優しくて温かい物語。

あさっての方向。1あさっての方向。1
(2007/01/26)
藤村歩、伊藤静 他

詳細を見る
早く大人になりたいって願う五百川からだちゃん。そして過去の想いを引きずっている野上椒子さん。ある日突然この二人の『年齢』が入れ替わってしまった!
今まで『魂』とかが入れ替わっちゃう作品はいろいろあったけど、年齢が入れ替わるのはとっても新鮮。そしてとっても温かいお話なんです。

この作品ってもともとはコミックスみたいなんだけど、私が始めて出逢ったのはアニメの方でした。
オープニングの日常的な映像、優しい主題歌。そしてオープニング前の二人のナレーションが不思議でちょっと切なくて・・・もーなんてゆーか開始5分で私を魅了してくれちゃった作品です。

まずはちょこっとストーリー説明を・・・。

両親を亡くし、兄(五百川尋)と二人暮しをしている五百川からだ。もうすぐ中学生になるからだちゃんの悩みは、自分が兄の負担になっているのではないかという事。だから早く大人になりたい・・・そう願っていた。一方、尋の元恋人である野上椒子は彼に未練を残したまま日々を過ごしていた。そんなある日、突然からだちゃんが大人の姿にそして椒子さんは子供の姿になってしまった。こうなってしまったのは私が『願い石』にお願いしてしまったせいだと言うからだちゃん。こうして二人とそれを取り巻く人たちのちょっと不思議な日常が始まります。

しっかり者のからだちゃんと、頭はいいけど大人になりきれてない椒子さん。
年齢が入れ替わった後のこの二人、とっても可愛いんです!(もちろん入れ替わる前も可愛いんだけど)
このままでもいいんじゃないかなって思っちゃうくらいだけど、そーもいかないみたいで困惑しながら共同生活が始まったりするわけですー。
不思議あり、恋愛ありで大変なんだけど、それでいてゆっくりとした時間の流れを感じる癒し系の作品です。

コミックとアニメでは雰囲気がだいぶ違う感じ。コミックは設定がちょっと違ったり暗い部分もあったりするんだけど、アニメ版はゆったりと優しい感じに作られてます。まったり派の私的にはアニメ版の方が好きかな?あ、でもコミックの方も好きですよ?私はコミックは後から読んだんだけど、子供になった椒子さんがタバコを吸おうとしちゃうシーンなんかがあったりしてそれも面白いです。TVではさすがに問題があったのかそういうシーンはなかったけどねー。

あさっての方向。 1 (1) (BLADE COMICS)あさっての方向。 1 (1) (BLADE COMICS)
(2005/03/10)
山田 J太

詳細を見る
突然大人になってしまった小学生五百川からだちゃんと、突然子供に戻ってしまった野上椒子さん。二人の不思議な出逢いが不思議な物語を紡ぎ出します。
年齢が入れ替わるとゆー新鮮な発想が面白いです。TVアニメ版とはちょっと違う雰囲気を持った原作です。


それにしてもBLADE COMICSは私の好きな作風の作品が多いです。
もっとこーゆー癒し系だったりまったり系だったり、そんな作品が増えるといいなー。
『願い石』にお願いしてみようかな?・・・って願い石ってどこにあるんだろ?

2008-03-26(Wed)

「リアリスの私写真」のおはなし

「・・・ねえ?今が消えても、今は確かにあったんだよね?」

この言葉は私の好きなコミック「リアリスの私写真」のキャッチフレーズなんです。
なんか、これだけで心に響くものがありますよね?
とゆーわけで、今日は「リアリスの私写真」のお話です。

リアリスの私写真 (ガンガンWINGコミックス)リアリスの私写真 (ガンガンWINGコミックス)
(2006/09/27)
和泉 なぎさ

詳細を見る
一日しか記憶が残らない少女リアリス。忘れてしまうからこそ、写真に思い出を託す。忘れてしまうからこそ、一日一日を大切に過ごす。切ないながらも大切な何かに気が付かせてくれるそんな心温まるお話です。一巻で完結なのが残念なくらいのいい作品です。

表紙からすでに、リアリスの日常を切り取ったような一枚絵。
とてもシンプルで、そして景色や少女の表情を見てると、それだけで物語を表しているみたい。
それが、私がこの本と出逢った時の最初の感想かな。

さて、ストーリーです。

翌日になると昨日までの記憶を失ってしまう少女リアリス。だから少女はいつもカメラを持ち歩く。写真でいっぱいのアルバムが少女の記憶代わり。今日もリアリスはカメラを持って大切な思い出を作っていくのです。

リアリスってとっても純粋で優しいコなんです。だから記憶を失う事で、訪ねてきた人を友達だと気付けなかったり、素敵な出会いを忘れて「誰だっけ?」とあっさり言えてしまったり・・・そういう状況が読んでる私にはとっても切なく思えてしまうんです。
でも、ただたんたんと毎日をリピートしてるわけじゃないし、記憶はなくしても心の成長は感じられるから無駄ではないんだって安心もしたり。アルバムにも思い出は残ってるしね。
リアリスの「今を生きてる」って感じがとっても温かくて素敵なお話だと思います。

実はこの作品、一巻完結なんだけど、謎めいた所の核心には触れずに終わっちゃうんです。状況の説明よりもリアリスの温かい日常の方にテーマを寄せた作品みたいで、もしかしたらその辺がこの作品を気に入るか気に入らないか変ってくるところだと思います。
リアリス自身の設定も人によってはダメな人もいると思います。だからちょこっとだけ難しいんです。私は大好きな作品なんだけど、好き嫌いが分かれそうなので、思いっきり「おすすめ!」とは言えないのかな・・・。

「リアリスの私写真」は、もっと読みたい!と言う気持ちでいっぱいです。
こんなにいい作品なのに、一巻で終わっちゃうのはホント勿体無いです。
もっとリアリスのたくさんの出逢いを見てみたい!あと過去もちょっと気になるし・・・。
続編・・・というよりロング版を希望しますー!

2008-03-24(Mon)

「もっけ」と「ココロの跡」のおはなし

TVアニメ「もっけ」もとうとう最終回を迎えちゃいましたー。
私、コミック読んでるんで、最終回の予告を観た時は「なんか今までの予告と雰囲気が違う・・・えー!このお話なの!?」って感じでした。
あ、別に嫌いなお話という訳じゃないんだけど、最後でしんみりしちゃうのはちょっと辛いかなーって。
ただでさえ、好きなアニメが終わっちゃってしんみりしちゃうのにダブルぱんちです・・・。
でも第一期の区切りとしてはいい終わり方なのかもしれないなー。
・・・って第一期とゆー言い方をしてちゃっかり第二期希望だったりー。

思えば、原作ファンとして「もっけ」がアニメ化されるって聞いた時はホント嬉しかったです。
最初はほんのちょこっとだけコミックとアニメの絵の差に違和感があったりもしたけどそんなのすぐに気にならなくなったし、大好きなアニメの一つでした。

とりあえず、アニメは終わっちゃったけど、原作はまだ続いてるからそっちを楽しみにしましょー!
アニメが原作に忠実に描かれてたのはそんだけ原作が良かったんだってあらためて思うんです。
だからアニメは観たけど原作読んでないって人は是非読んでもらいたいです!

もっけ(勿怪) 1 アフタヌーンKCもっけ(勿怪) 1 アフタヌーンKC
(2002/06/21)
熊倉 隆敏

詳細を見る
本格妖怪漫画であると書かれているように、古くから伝わる物の怪を題材にしたお話です。でもホラーやバトルモノじゃないですよ?モノノケは居るのがあたり前なんです。これはモノノケを理解して共存しようとするとってもあったかいお話なんです。

「もっけ」を知らない人に簡単にストーリーを言うと・・・

物の怪が見えちゃう静流ちゃん(姉)と、物の怪に憑かれちゃう体質の瑞生ちゃん(妹)。おじいちゃんが言うには「物の怪は居んのがあたり前」大切なのは彼岸のモノ達をちゃんと理解してあげてどう付き合っていくか。物の怪たちとの出会いやその土地の風習などを通じて「大切なモノ」を二人は学んでいくのです。

さてさて、「もっけ」のアニメですが、主題歌もホントに良かったですー。
主題歌の「ココロの跡」はまさしく「もっけ」の為に作られたものなんです。
姉妹の心情と物の怪を通じて感じた「大切なモノ」をテーマにした歌詞になってます。

ココロの跡ココロの跡
(2007/12/12)
小坂りゆ

詳細を見る
TVアニメ「もっけ」の主題歌。「もっけ」に合わせて作られたような歌詞で、主人公の静流と瑞生の心情を描いたような歌。切なさを乗り越えて強く生きようとする、そんな繊細なメロディが心に響きます。

こないだ、この曲がカラオケに入っているのを見つけたんで、歌ってみたんだけど、結構大変。
歌詞の一番と二番、そしてCメロまではほぼ間奏ナシでノンストップなんです!
一息ついてる暇がないよ・・・。
でもとってもいい歌詞とメロディなんでがんばりますー!

2008-03-22(Sat)

「アルカナハート2」初プレイのおはなし

昨日から全国のゲームセンターで稼動し始めた「アルカナハート2」
私も今日、こっとりと初プレイしてきちゃいましたー!

私は下手っぴなので、人の少ない午前中に行ったんだけど・・・
もうすでに何人いました。
まー、あたり前かな?まだ二日目だしね。

しばらく対戦している人たちを見てたんだけど、その中で目を惹いたのが、ドロシーくんとゼニアくん。
なんかこの二人、男のコっぽくて「くん」付けで呼びたくなっちゃうんだよねー。

ドロシーくん可愛いです!トランプと一緒にちょこまかしてるー。
でもトリッキーな感じでとっても難しそう・・・。
ゼニアくんカッコイイです!ぱわーキャラなのかなー?
けっこーゼニアくん率が高いですー。中にはもうすでにコンボとか極めてる人いました・・・。
わー、強そう・・・。この中で私もやるの・・・?

私が入ろうかどーか迷っているうちに、ボス戦に突入してそのままクリアしちゃった人がいて、台が空いたんです。
あ、これはチャンスかな?
オープニング画面に戻るのを待って、早速コインを入れて初プレイ開始!
使用するキャラは二丁拳銃のぺトラさん!髪型のくるくるが可愛いからー♪
ホントはストーリーが気になるんだけど、乱入される前に少しでも操作に慣れておきたいから泣く泣くスキップ。
あ、このコ、通常攻撃から銃なんだ・・・。
でも当たる間合いは剣を持ってる時と同じくらいかなー?
コンピュータ戦一人目でだいたの通常攻撃と技の出し方は覚えられたかな?
あ、そーいえばアルカナさん全然使ってなかった。
それとネットで調べた連続技も試せてないー。

ちなみにこれがぺトラさんの一番基本的な連続技みたいです。

[下A→下B→立ちC]→236A→前H→立ちB→J[A→B]→J[下B→C]→214AB

基本と言っても私には全然難しいよー!

・・・で、連続技を試せないまま乱入されちゃいました。
初プレイ、最初のお相手は・・・ゼニアくん!?
あー、なんか嫌な予感したんだよねー。
とりあえずがんばって銃を乱射してみたりする(←近距離じゃないと当たんないけど・・・)
チャンスがあったら連続技を試してみたりする(←一度も成功しないけど・・・)
いろいろあがいているうちに・・・あれ?勝っちゃった?
おー、初プレイで初勝利!?

初勝利に喜んでたら、またすぐに二人目が乱入しちゃって。
次のお相手は・・・ぺトラさん。
でも、そっちのぺトラさんもお試し期間中みたい。
お互い低レベルな戦いになっちゃったけど、なんとか勝っちゃった。
わー、どうしよ?二連勝だよー。

そして三戦目。乱入してきたのは・・・神依さん!?
え?神依さんって前回一番強いキャラじゃなかったっけ?
・・・あれ?
もしかしてこの人、完全な初心者さんかな?
なんか今までで一番楽に勝っちゃいました。
ちなみにこれまで一度も連続技、成功してませんー。(無理です!)

4戦目、お相手は・・・ゼニアくん。
あれ?一戦目と色が違うー。
もしかして上級者さん?
・・・。
あー、あっという間にへろへろです。

こうして私の「アルカナハート2」の初プレイがおわりました。
初プレイで3連勝なんて奇跡です!
このあとも何度かプレイしてみたんだけど、だんだん人数も増えてレベルも上がっちゃって、入ってもいじめられるだけでしたー。
そんな中、一回だけ奇跡的に連続技が最後まで入りました!
あー、でもネットで調べた手順どおりじゃないです。
アレは私には無理です。私でもできるように簡単な手順にしてみました。

コレが私がやってみたぺトラさんの簡単版連続技ですー。

[下A→下B→立ちC]→236A→前H→立ちA→J[A→B]→214AB

後半削りました・・・。つまりJ[下B→C]の省略って感じ。
これなら下手っぴの私でもちょこっと成功率を上げることができるのです♪

あっ!結局アルカナさん全然使ってなかった・・・。

2008-03-21(Fri)

「ことこと。~子と孤島~」のおはなし

青い海、白い砂浜・・・あー、海に行きたい。
・・・ってまだまだ夏には遠いですけどー。
とゆーわけで、今日は南の島を舞台にした「ことこと。~子と孤島~」というコミックのおはなしです。

ことこと。~子と孤島~ 1巻 Flex Comixことこと。~子と孤島~ 1巻 Flex Comix
(2007/01/12)
竹林 月

詳細を見る
東京から南へ約30時間の孤島に就任した新任教師が、可愛い生徒たちと過ごす温かい日常を描いたほのぼのコメディ。
小さな島だけに島民全員が家族みたい。こんな風に過ごせたら毎日が楽しいだろーなー。

表紙からしていかにもほのぼのといった感じ。
南の島らしい鮮やかなブルーと優しそうな主人公。
「ことこと。」ってタイトルもほんわかして心地いい。
本屋で見つけた時は迷わずレジ直行でしたよー。

物語は、主人公の渚青子が小笠原諸島のさらに先にある「琴古島(ことこじま)」に新任教師としてやって来るところから始まります。小さな島の小さな学校の先生として、そして島の一員として青子さんの新生活のスタートです。

主人公の青子さんは島の子供達に負けないくらいとっても元気で明るい性格なんです。
子供達と同じ目線で無邪気にはしゃぐ先生を見てるとこっちまでわくわく♪
読めば読むほど元気をもらえる感じです。
島の人たちもみんな優しくて楽しくて、島全体が大家族みたい。

島の美しさや優しさだけでなく、コメディ的にもホントおもしろいんです。
子供の心を忘れない青子先生だからこそのドタバタがあって、そして家族同然だからこそできる島民たちの珍事件があるんですよねー。

私のお気に入りのお話は第3巻第12話の「アツい一日。」
読んでくれるとわかるんだけど、覗き見してる3人の先生がとっても可愛くて笑っちゃいました。

ちなみにこの「ことこと。~子と孤島~」はYahoo!コミック で各話期間限定で無料掲載してたりします。
気になる人はYahoo!コミック 無料マガジン ことこと。で試しに読んでみて下さい。
第一話は今のトコ、期限なしでお試しできるみたいー。

あー、私も琴古島に行きたいよー!

2008-03-20(Thu)

「スケッチブック ~full color's~」のおはなし

はい!今日のお題はTVアニメ「スケッチブック ~full color's~」です。
この作品は小箱とたんさんの四コマ漫画「スケッチブック」をTVアニメ「ARIA」のスタッフがアニメ化したものです。
もともと優しい笑いに溢れた作品なのですが、ARIAシリーズのスタッフ達によって癒し要素が更にプラスされてとっても温かいお話に仕上がっています。

スケッチブック~full color's~ 第1巻スケッチブック~full color's~ 第1巻
(2008/01/25)
花澤香菜 他

詳細を見る
小箱とたんの人気四コマ漫画をARIAシリーズのスタッフがアニメ化。それによりまったりとした癒し系が膨らみましたー。タイトルに相応しくストーリーや作画がとっても綺麗。そして優しい笑いに溢れた作品になってます!

なんと言ってもこの作品、作画がとっても綺麗なんです。
この映像クオリティは最高級品です。まさにスケッチブックのタイトルに相応しい映像美だと思います。
第1話の夕焼けのシーン、それだけで笑顔がこぼれるようなそんな優しく美しいシーンでした。
個性豊かなキャラクター達もこの作品の魅力で、まったりとした笑いで和ませてくれました。

ストーリーの紹介です。

とある田舎町の高等学校。その美術部に入部した主人公、梶原空。彼女は日常の小さな発見を見つけてスケッチするのが大好きな女のコ。いろんな出会いがあって、いろんな景色を見て、その大切な一瞬一瞬をスケッチしていく・・・。今日も空はスケッチブックを持っておでかけです。

さてさて、みんなとっても楽しくて可愛いキャラクターばかりなんだけど、そのなかでも私のお気に入りキャラクターは氷室風と田辺涼、通称「涼風コンビ」です。
時折登場しては掛け合い漫才的なことをして楽しませてくれます。原作でもいろんなネタで笑わせてくれます。この二人、物事を別ベクトルから見るとゆー凄い着眼点を持ってるみたいです。
アニメにはありませんでしたが、
「右回りを時計回りと言うが、時計からしてみれば自分は左に回っているのです」
というネタがありました。なるほど!と感心させられましたねー。
・・・まぁー、気付いたところでどーなるものでもないんだけど、そういう発想って凄いって思います。

アニメに出てきた涼風コンビのネタはまだまだほんの一部です。
もし第二期が作られるのならもっともっと涼風コンビを見たいですー。
私の好きな「はこティッシュ」と「トイレットペーパー」のネタを是非アニメ化して欲しいです!(笑)
あ、もちろん他のキャラもみんな大好きですよ?
鳥飼さんのスーパーでの珍事件とか思わず笑っちゃいます。

最近は日常的なまったりとした作品も増えてきて、アニメの一つのジャンルになってきたんじゃないかなーと思います。
こういう作品がもっともっと増えるといいなー♪
まずは「スケッチブック ~full color's~」の第二期をっ!

スケッチブック 出張版 (BLADE COMICS)スケッチブック 出張版 (BLADE COMICS)
(2006/01/10)
小箱 とたん

詳細を見る
四コマ漫画スタイルの「スケッチブックが」、普通の漫画スタイルで登場。そら達だけでなく、ネコさんや涼風コンビも大活躍ですー。いつもとちょこっとだけ違う、出張版ももちろんお勧めです♪


2008-03-19(Wed)

「アルカナハート」の続編がもうすぐ稼動するみたい

「アルカナハート」ってゆー格闘ゲーム知ってます?

私は、アニメとかでは格闘モノって好きじゃないんだけど、ゲームでは結構やってたりします。
最近は格闘ゲームといえば3D系のゲームが多いんだけど、3Dは私は苦手・・・。
そんな中で2D格闘ゲームとして頑張ってるのが「アルカナハート」です。
この作品、3/21から続編の「アルカナハート2」がゲームセンターで稼動するようなので、その前にちょこっと紹介しようと思います。

このゲームの最大の特徴ってのが、登場キャラクターすべてが女のコって事。
えっと・・・これって思いっきり賛否両論なんじゃないかな?
私の場合、男の子キャラでも女の子キャラでも人間じゃないキャラでも可愛ければおっけぃなので、私的には「アルカナハート」はアリです。かわいいは「正義」です(笑)
出てくるキャラが女のコだけってのがいまいちユーザーを遠ざけちゃうのかもしれないなー。
でもちょっとまって!
このゲーム、出来はとってもいいんです。
最初は他の格闘ゲームと違ってスピードが速いのか遅いのかわかんないような不思議な動きに戸惑うかもしれません。でもそこに慣れてくると戦略性や他のゲームにはない新要素がとっても面白くて楽しくなります。
2D格闘ゲームが好きで「アルカナハート」をやってない人は是非一度足を踏み入れてみてください。

さてさて、ストーリ説明です。
格闘ゲームにストーリなんて二の次だ!なんて言わないで下さい。
物語って世界観を楽しむ為に重要だと思うんですー。

突如、東京上空に発生した次元の歪み、放っておけば世界の境界がおかしくなるほどの規模。いち早くその異変に気付いたのが、アルカナという聖霊を認知できる若き少女達(聖女)だった。関東崩壊まであと8日。「アルカナさん、私に力を貸して!」それぞれの思いを秘めて聖女たちが動き出す。

ストーリーの面白いところは途中で出逢うキャラクターによって会話分岐があるところです。
これも今までの格闘ゲームにはなかったところ。

アルカナハートアルカナハート
(2007/10/11)
PlayStation2

詳細を見る
最近少なくなった2D格闘ゲームの中でがんばってる作品。登場キャラクターが全員女のコだからふつーの人は引いちゃうかもだけど、ちょっとまって!格闘ゲームとしての作り込みは一級品です。格闘ゲームとしての戦略性も新要素も目を見張るものがあったりしますー。

このゲーム、とっても面白いんだけど、初心者の敷居はちょこっと高いかもしれない。
あ、でもそんな事言ったらどの格闘ゲームも同じかー。
おんなじレベルくらいのお友達とポカポカやってるのが一番面白いと思う。
私自身もよわよわなのでゲームセンターに行こうものなら100円の無駄使いなのです。

でも今週の金曜(3/21)から「アルカナハート2」がゲームセンターで稼動するので、負けるとわかってても行っちゃうんだろーな・・・。

ちなみに私が使っているキャラクターはリリカちゃんです。
背中から生えてる羽が可愛いんです。
私、下手なくせにスピードキャラを使う傾向があります。
コンボがんばって練習してるんだけど、ゲームセンターの実戦では成功率低すぎます・・・。

「アルカナハート2」ではぺトラさんを使ってみようと思ってるんだけど、難しそうだなー。
それともドロシーくん(何故か君付け)が可愛いかな?

そうそう、「アルカナハート2」では一作目の一ヵ月後くらいの設定らしいです。
前回が『関東崩壊の危機』で
今回は『関東大崩壊の危機』だそうです。
・・・って、どー違うんだろ??
「大」が付くくらいだから前より危険なのかな?
ストーリーも気になるところです。
前と一緒で会話分岐やストーリー分岐がいっぱいあると物語的にも楽しめると思うんだけど、今回はどーでしょ?
楽しみだけど、しばらくはゲームセンターに行っても乱入とかでストーリーを楽しんでる間もなくやられちゃうんだろーなぁ・・・。

2008-03-19(Wed)

「タビと道づれ」のおはなし

不思議で、そしてとっても不安なハズなのに、なぜか心が温かく、優しい気持ちにさせてくれる。
・・・そんな物語に出逢いました。

タビと道づれ 1 (1) (BLADE COMICS)タビと道づれ(1) (BLADE COMICS)
(2007/04/10)
たな かのか

商品詳細を見る
同じ一日を繰り返すという不思議な町に迷い込んでしまった少女の物語。とっても不思議で、とっても素敵で、とっても温かいお話ですー。
なんでだろ?不安な世界のハズなのに、ホント癒されちゃうんです。これってタビちゃんがくれた奇蹟ってやつなのかな?

読んで一気に惹き込まれた作品です。
不思議な世界観や物語もそうなんだけど、作者の「たなかのか」さんの不思議センスにも感動しちゃいました。

このお話って、一歩間違えれば「ホラー」にも「スリラー」にもなっちゃうと思うんです。
でも、タビちゃんをはじめとする優しくて魅力的な登場人物達が不安を温かさに換えてくれるんです。
こんな不思議なコミックってなかなかないんじゃないかなー?
「タビと道づれ」は「ARIA」の天野こずえさんもお勧めしていて、コミック第一巻のオビにイラスト付きで応援してるんです。(タビちゃんとアリア社長が一緒にいるイラストでした♪)
天野さんは「"素敵んぐワールド"へようこそ」ってコメントしてたけど、まさにその通りの素敵なお話です。
たなかのかさんと天野こずえさんはインスピレーションが似ているのかもしれません。
作品雰囲気がとっても近く、温かさや癒しを与えてくれます。
「ARIA」が好きな人は「タビと道づれ」も絶対に楽しめると思いますよー。

ストーリーは・・・
主人公のタビちゃんが幼馴染に会いに「緒道」という田舎町にやって来ます。しかしその町は同じ一日を繰り返す「明日」の来ない世界だったのです。しかもその町のすべての路地が行く手を阻んで先に進めない。タビちゃんは町から出る事もできない閉鎖空間に迷い込んでしまったのです。
・・・こんな感じ。

作中で私が好きな一節です。
星座の話の例えで、
「星も人も最初は一個一個の離れた点で、繋がって初めて物語が出来るんだって」
もー、素敵んぐワールドの虜です!(笑)

まだ連載中みたいで不思議感はいまだ継続中。
今後の展開がホント気になりますー!
読んでない人は是非読んでみて下さい。
現在3巻まで出てます。

タビと道づれ(2) (BLADE COMICS)タビと道づれ(2) (BLADE COMICS)
(2007/10/10)
たな かのか

商品詳細を見る

タビと道づれ 3 (3) (BLADE COMICS)タビと道づれ(3) (BLADE COMICS)
(2008/03/10)
たな かのか

商品詳細を見る

2008-03-17(Mon)

「ARIA The OVA ~ARIETTA~」のおはなし

さてさて、TVアニメ「ARIA」シリーズもアリスちゃんの一大イベントを終えて佳境に近づきましたねー。

先ほど「ARIA The ORIGINATION」第10話を観ました。
いやぁー、可愛すぎます!まぁ社長♪
私、マスコットキャラに弱いんです。
アリア社長、姫社長、まぁ社長、みんな大好きですー。

しかし、お月見の夜の恋の行方気になりますね?
アリア社長と姫社長の♪
・・・ってそっちかい!とゆーツッコミはおいといて。
もちろん藍華ちゃんとアルくんも気になります。
藍華ちゃんの久々の乙女モードが可愛かったー。
こっそり手を繋いであげるアルくんがまたでっかいかっこよくって。

そうそう、TV版の話は置いておいて。
今日は「ARIA The OVA ~ARIETTA~」の方も観たのです。

ARIA The OVA ~ARIETTA~ARIA The OVA ~ARIETTA~
(2007/09/21)
葉月絵理乃; 斎藤千和; 広橋涼; 大原さやか; 西村ちなみ

詳細を見る
TVアニメ「ARIA」のOVA作品。
今回はアリシアさんの過去が明らかに!・・・って、そんなに大げさなモノじゃないですけど、アリシアさんの気持ちがうかがえるとっても心温まるストーリーです。

今の所、ARIAシリーズでは唯一のOVA作品ですねー。
この作品は本編では語られなかった灯里ちゃんがARIAカンパニーにやって来た当時のアリシアさんの心情などが描かれています。
まさにOVAに相応しい題材だと思います。
ARIA特有の緩やかな時間の流れ、人との繋がり、美しい描写、素敵な世界観そのままで心を和ませてくれます。
そして今回は我らがアリア社長も大活躍です!
見事なファインプレーでした。そしていつも通り仕草もキュート♪
ARIAファンは絶対に買いです!

ちなみにタイトルにある「ARIETTA(アリエッタ)」はイタリア語で「そよ風」という意味。
OVAのラストにでてくる「Arrivederci(アリヴェデルチ)」は「またお会いしましょう」という意味らしいです。

2008-03-16(Sun)

「砂糖菓子の弾丸」のおはなし

今日、本屋でたまたま見つけたコミック。
「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない 上砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない 上
(2008/03/08)
桜庭 一樹

詳細を見る
桜庭一樹原作の漫画化。
現実を生き抜くために「実弾」を求めた少女。それに対し「砂糖菓子の弾丸」を手にした少女。現実を生き抜くにはあまりにも無力な少女達の儚く揺れる魂の物語。
衝撃的で重い作品です・・・でも心に響くメッセージ。

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない 下砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない 下
(2008/03/08)
桜庭 一樹

詳細を見る
桜庭一樹原作の「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」漫画版下巻。
「生き残った子だけが、大人になる」・・・なんて重い言葉だろう。
どんなラストであっても決して目を背けてはいけません。

最初は不思議なタイトルに惹かれて興味を持ったんだけど、作者を見てびっくり!
「原作:桜庭一樹、漫画:杉基イクラ」って書いてあるー。
桜庭一樹さんの代表作「GOSICK―ゴシック」は私が愛読している小説の一つ。
杉基イクラさんと言えば「ヴァリアンテ」でかなりの衝撃を頂いた私の好きな漫画家さんだ。絵もとっても綺麗。
そんな二人の作品、面白くないわけがない!
上下巻だけど迷わずまとめ買い。

さてさて、内容は・・・

早く大人になりたい。厳しい現実を生き抜く為の「実弾」が欲しいと願う少女、山田なぎさ。そんななぎさの通う中学校に転校生、海野藻屑が現れる。藻屑は自分が人魚だと言い張る不思議な子。絵空事を並べる藻屑に現実主義のなぎさは無視を決め込む。しかし離れようとすればするほど藻屑はなぎさに付きまとう。そして次第に感じ始める藻屑の真実。なぎさはいつの間にか藻屑に惹かれていくのだった。

・・・と、物語の冒頭はこんな感じなのです。
桜庭さんらしい不思議少女ちゃんスタートです。
冒頭だけでかなりのインパクトがあり一気に惹き込まれました。
しかも後半になればなるほど衝撃度が増していくもんだから、もうノンストップで読んじゃいました。
ネタバレになるような事は書かないけど、ラストは凄かったです。
なんか色々と考えさせられました。
文句なしのお勧め作品ですが、暗い展開が苦手な人には辛いかも・・・。

私、基本的にまったり系が好きだけど、こーゆー人間の心理に迫った切ないお話も好きです。
今度原作の小説も買ってみよっと。

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない (富士見ミステリー文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない (富士見ミステリー文庫)
(2004/11)
桜庭 一樹、むー 他

詳細を見る
第138回直木賞を受賞した桜庭一樹の出世作。
可愛いイラストとは裏腹に衝撃的展開。
「好きって絶望だよね」

2008-03-15(Sat)

「みなみけ」と「おかわり」のおはなし

今日はアニメでは第二期が放映されている「みなみけ」のお話をしてみようかな?

まずは「みなみけ」の第一期のお話。
私は「みなみけ」は原作から読んでいたので待ちに待ったアニメ化といった感じでした。
原作の雰囲気がそのまま動き出したようなクオリティの高さに大満足でした。

みなみけ 1みなみけ 1 通常版
(2008/01/09)
佐藤利奈、井上麻里奈 他

詳細を見る
南家の何気ない日常をまったりと描いた作品です。何か大きな事件が起きるわけでもなく、のんびりとした雰囲気が心地よいー。原作に忠実でファンからも評価が高いみたい。癒し系コメディみたいな感じかな?


物語は南家の三姉妹を中心としたまったりドタバタコメディ。
長女春香さん(高校2年)は優しいお姉さん。
 親代わりのしっかり者で憧れます。
次女夏奈ちゃん(中学2年)はトラブルメーカーでボケ役。
 私が友達になったら振り回されそうで怖いです・・・。
三女千秋ちゃん(小学5年)はクールなツッコミ役。
 クーデレってやつでしょうか?可愛いです。
三人の程よい役割分担と、それに巻き込まれる仲間達。主に巻き込むのは次女みたい。
夏奈ちゃんのハイテンションさと千秋ちゃんの絶妙なツッコミが一番の見所かな?
千秋ちゃんの発言、小学生らしからぬキレの良さで勉強になりますー。

私の好きなキャラはマコちゃんです。
名前(呼ばれ方)が一緒だからというのもあるけど、素直でバカな感じがとっても可愛いです。
性別が定まらない境遇もある意味共感(笑)
私の場合は「性別:どちらでもない」だけど・・・。
ちなみに「みなみけ」のマコちゃんは男のコです。

やっぱりまったり系が好きな私には「みなみけ」は最高の作品です。

さてと、次は第二期の「みなみけ~おかわり~」のお話。

みなみけおかわり 1みなみけおかわり 1 通常版
(2008/05/12)
佐藤利奈、井上麻里奈 他

詳細を見る
設定や雰囲気が変わっていたり、アニメオリジナルキャラを出したりと「みなみけ」で新しい事に挑戦しようとした快作・・・だと思う。でも、それが原因で原作ファンからはブーイングの嵐みたい。割り切って見れば面白いと思うんだけど、どーかな?


えっと、友達内でもネット上でも散々叩かれているみたい・・・。
キャラクターデザインや設定などいろんな所に変更があって「もはやこれはみなみけではない!」と言う人もいるみたいです。
私はというと、毎回「みなみけ~おかわり~」をとっても楽しんでみています。
確かに原作ファンとしては、だいぶ変わってしまった雰囲気に戸惑いもあると思います。
脇役が黒塗りキャラになっているのがイヤと言う人もいたし、オリジナルキャラが余計だと言う人もいました。春香さんの性格がおかしくなったと言ってた人もいたかな?
でも、いいんじゃないかな?全く新しい「みなみけ」と割り切ってみちゃうのも。

そもそも第二期は最初から普通じゃないと言う事はタイトルから示してあったし・・・。
「おかわり」と言う言葉。二杯目という意味の「おかわり」だけじゃないと思うんです。
ホントの意味は「お変わり」なんじゃないかな?
スタッフを総入れ替えまでしてみて今までと全く同じだったら意味がないと思うんですよ。

もちろん私も「どっちが好き?」ときかれれば、原作の雰囲気に近い第一期だと答えます。
でも、第二期は第二期で面白いと思うし、この際原作は忘れて楽しんじゃった方が得なんじゃないかなー?

そうそう、!マークがでる演出、結構好きです。
ぴょこん!って感じで可愛いよね?

さいごに、
マコちゃん、がんばれー!

2008-03-13(Thu)

「ブログはぢめましたー」のおはなし

ふわぁー、長かった・・・。
ブログはじめるのって結構大変なんだねー。
よくここまでこれたよー。

とゆーわけで、みなさんはじめまして!コママコですー。
コママコ日和(こままこびより)がスタートしました。

この「コママコ日和」では基本的に私の好きなアニメやコミック、ゲームなどのお話しを気ままに書いていこうと思います。
みんなにも見てもらいたいアニメ、コミック、ゲームのおはなしなので、先の展開をばらしちゃったりするネタバレはしないようにしています。
あ、でも「最終回」って書かれてあるおはなしは完全にネタバレを含めたレビューだったりするんでまだ作品を見ていない人は気をつけてくださいね。

自由気ままなまったり更新だと思うのでテキトーにおつきあいください。



最近のアニメのマイブームは「狼と香辛料」
ホロの耳や尻尾がズルイくらいとっても可愛いです。
ロレンスもホロに振り回されながらもそれだけじゃ終わらないって感じでカッコイイです。
実は「狼と香辛料」のエンディングの「リンゴ日和」がとっても気に入ってしまって、
このブログのタイトルも「~日和」にしようと思ったのです。
「リンゴ日和」はこの間カラオケに入っているのを見つけました。
でも英語の歌って難しいです。練習が必要です・・・。

リンゴ日和リンゴ日和
(2008/02/06)
ROCKY CHACK

商品詳細を見る
アニメ「狼と香辛料」のED曲。ほんわかとした癒し系の歌です。カラオケで歌う時もまったりと歌いましょー。でも英語の歌なのでちゃんと練習しないと・・・。



さいごに私の簡単なプロフィールです。

【名前】コママコ
ホントの名前はマコなんだけど、友達から「困ったチャン」の称号をもらっちゃってから「コママコ」になってしまいました・・・。

【性別】どちらでもない
私は女のコじゃありません。でも男のコでもありません。
世の中に性別が2種類しかないと思ったら大間違いなのですー。

【好きなアニメ】
「ARIA」「スケッチブック」「あさっての方向」「狼と香辛料」「もっけ」など
ほんわかしたのが好きなんです。

【好きなマンガ】
「AQUA&ARIA」「タビと道づれ」「みなみけ」など
アニメもマンガも基本的にまったり系が好きなのです。
激しい戦いモノはちょっと・・・。
でも全然見ないわけじゃないですよ?

【好きなゲーム】
「テイルズ」シリーズや「ディスガイア」など、可愛い二頭身キャラが動くRPG。
「メルティブラッド」「アルカナハート」など、可愛いキャラがポカポカやる格闘ゲーム。
アニメ&マンガで激しい戦いモノが苦手なくせに格闘ゲームはやると言う矛盾。でもやるだけで強くないですよー。
最近友達に誘われてTRPGの「アリアンロッド」もちょこっと・・・。



拍手ボタンとか押してくれちゃったりしたらとっても嬉しいです。がんばっちゃうかも!
コメント・トラックバックもとっても大歓迎です。
このブログの感想とか、相互リンクのお誘いとか、お友達になろ?とかとかいろいろとお気軽にメッセージ(右側のメールフォームから送れます)をくれたらやる気度MAXです。
あ、お返事もがんばります!

「コママコ日和」をよろしくお願いしますー。

プロフィールとか・・・

コママコ

Author:コママコ
マコがホントの名前なんだけど、友達から「困ったチャン」の称号をもらってから「コママコ」になってしまいました・・・。

「コママコ日和」では「最終回」と書かれたおはなし以外は過度なネタバレとかはしてません。

コメント・トラックバック・相互リンクのお誘い、みんなみんな大歓迎ですー。(古い記事に対するコメント&TBも全然大歓迎ー)
コメントやTBはお返しできるように頑張ります。
拍手とかもらえちゃうと元気いっぱいになります!
よろしくお願いしますー!

ブログランキング参加中
a_02.gif 人気ブログランキング
↑もし、このブログを気に入って頂けましたら投票お願いします。(クリックすると投票完了みたいなのです)
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォームだよ?
「このブログの感想」とか「相互リンクのお誘い」とか「お友達になろ?」とかいろいろとお気軽にメッセージをくれるととっても嬉しいです。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
趣味の合う人、ブロともしよー!

この人とブロともになる

夢忠工房って?
banner2.jpg 私がちょこっと参加させてもらってるTRPGのリプレイを作っているサークルさんです。今、「アリアンロッド・リプレイ・ピルグリム①」が公開中みたい。・・・私もいるかもー?
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
amazonのおすすめ?
こんなのが売れてるのかな?

今週発売らしいよー
なんかいいのあるかなー?
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。